MENU

髪へのダメージが少ないとされる低温ヘアアイロン。

 

その中でも最近人気が高まっている『ヒートケア低温ヘアアイロン』を使ってみました!

 

スタイリングに時間がかかる?
本当に髪が痛まない?
お得な買い方は?

 

使用上の注意点も含めて、気になる情報をまとめました!

 

ヒートケア低温ヘアアイロン

ヘアアイロンは低温と高温どっちがいい?

ヘアアイロンの温度に関する議論は古くから行われています。

髪が痛まないのは低温か高温か?

 

どちらにしても、髪に熱を加えることは、髪へのダメージになります。

 

毛髪はタンパク質から出来ていますが、タンパク質は熱を加えると変性するのです。

 

タンパク質のカタマリである卵をイメージすればわかりやすいでしょう。
生卵をフライパンに落とすと、目玉焼きになります。

 

この時、生卵のときと目玉焼きになったときで、卵のタンパク質は別の性質に変性しているのです。
人間は、熱を加えて変性したタンパク質の方が吸収しやすいので、卵は熱を加えて食べることが推奨されてます。
ロッキーの映画を鵜呑みにしてはいけないということですね(笑)

 

さて、毛髪を形成するタンパク質も、熱によって変性します。
そして、一度変性してしまったら元には戻りません。

 

これによって、髪は大変なダメージを受け、水分が蒸発して保持できなくなり、
キューティクルが失われたボサボサの髪になってしまうのです。
これは”髪やけど”とも言われます。

 

髪のタンパク変性が起こる温度は60℃以上からと言われています。

 

一般的なヘアアイロンの温度は100℃をゆうに超えるので、髪へのダメージケアは重要なポイントです。

 

高温ヘアアイロンのメリット・デメリット

※高温とは、150℃〜180℃以上の温度を指します。
・スタイリングが素早く終わり、髪を高温に晒す時間が短い
・スタイリングが長時間キープできる

 

・高温によって髪が火傷して痛みやすい
・高温によってタンパク変性が起こりやすい
・スタイリングを短時間で終わらせるには慣れが必要。

 

低温ヘアアイロンのメリット・デメリット

※低温とは50℃以下〜80℃までの温度を指します。
・低温なので髪へのダメージがすくない。
・低温なので髪の中の水分が蒸発しずらい。

 

・スタイリングに時間がかかるので、結局髪を長時間熱に晒すことになる。
・スタイリングが長時間キープしずらい。

 

ヒートケア低温ヘアアイロン

低温ヘアアイロンは結局ダメージが大きい?

上記のように、ヘアアイロンを高温でする場合は、髪へのダメージが気になりますが、
プロのヘアメイクさんのように、一瞬でスタイリングを決めてしまえる技術があれば、髪を熱に晒す時間を少なくすることが出来ます。

 

一方、低温の場合はどうしてもスタイリングに時間がかかってしまうので、
髪にアイロンを当てる時間が長くなり、結果的に低温やけどのような状態になって、髪に大きなダメージを与えてしまう事がありました。

 

このため「低温ヘアアイロンは結局髪に悪い」という説も、根強くあります。

 

ヒートケア低温ヘアアイロンの特徴

株式会社髪美人育成プロジェクトが開発した『ヒートケア低温ヘアアイロン』は、
最低温度40℃から設定できる、低温ヘアアイロンです。

 

前述したように、低温ヘアアイロンはスタイリングに時間がかかるので、
結局髪を低温やけどさせて大きなダメージを与えてしまうというデメリットがありました。

 

ヒートケア低温ヘアアイロンは、その問題を解決したことで、口コミでも高い評価を獲得しているのです。

 

ヒートケア低温ヘアアイロン

温度が下がらない特殊プレート

従来のヘアアイロンは、髪に当てた瞬間に熱が髪に移動し、一気に温度が下がってしまいました。
プレート温度を180℃に設定しても、使っているうちにどんどん温度は下がってしまうのです。
ですから、必要以上に高温に設定しなければなりませんでした。

 

ヒートケア低温ヘアアイロンは、”熱対流”という原理を利用した12枚の特殊プレートを使用し、
髪に当てても温度が下がらない新技術を採用しています。

 

これによって、従来のヘアアイロンに比べて、低い設定温度でスタイリング効果を得られるのです。

 

ヒートケア低温ヘアアイロン

・遠赤外線効果でスタイリング効果アップ

ヘアアイロンは、髪に高温のアイロンを当てて温めるわけですから、当然”表面から温める”という形になります。
しかし、髪は細いとは言っても、表面と中心部では温度に若干の差がでます。

 

スタイリングを行うためには、髪の芯まで温めなければいけないので、
従来の低温ヘアアイロンでは、芯まで温まるのに時間がかかってしまいました。

 

ヒートケア低温ヘアアイロンでは、独自開発した「遠赤外線セラミックス」を使用して、
髪を表面から温めると同時に、遠赤外線効果で芯からも温める事ができます。

 

これによって、従来の低温ヘアアイロンよりも遥かに短い時間で髪を温める事が出来るのです。

 

ヒートケア低温ヘアアイロン

温度を一定に保つ温度監視センサー

ヘアアイロンの温度を設定しても、”実際にその温度になっているか?”は別問題です。
前述のように、使っているうちに温度が下がってくることもあるし、逆に熱くなってしまっているかもしれません。

 

ヒートケア低温ヘアアイロンには、高感度の温度センサーが内臓されており、
設定した温度を高精度で保ちつづける機能があります。

 

これによって、髪へのダメージを最小限に留めることが出来るのです。

 

ヒートケア低温ヘアアイロン

髪をケアする特殊プレート

ヒートケア低温ヘアアイロンは、元々プロのヘアモデルの現場向けに開発された製品です。

 

1日に何度もスタイリングを繰り返すようなモデルのニーズに応えるよう、
低温でやさしくスタイリングできるのはもちろん、特殊プレートで髪をケアする効果をプラスしています。

 

洋服のシワをアイロンがのばしていくように、低温ヘアアイロンは傷んだキューティクルを整えます。
アイロンしながら髪のキューティクルを整えていくことで、髪のうるおいをぎゅっと閉じ込めることができるのです。

 

髪を痛めるどころか、使えば使うほど髪をケアしていくヘアアイロンとして開発されたのが、ヒートケア低温ヘアアイロンなのです。

 

ヒートケア低温ヘアアイロを使ってみた口コミ評価!

ヒートケア低温ヘアアイロン

アイロンで髪を巻くのがダイスキな私。
でも、ヘアアイロンで髪が痛むともよく聞くので、どうしたものかと思っていました。

 

そんな時に知ったのが「ヒートケア低温ヘアアイロン」

 

元々プロのヘアメイクさん向けに開発した商品の市販品とのこと。

 

一般の方に知名度が低い会社ですが、社歴は12年でプロのヘアモデル業界に商品を出していた会社ということで、
信用できるかもと思って、購入してみました!

 

ヒートケア低温ヘアアイロン
ヒートケア低温ヘアアイロン
見た目は普通のヘアアイロンとあまり変わりなく、
シンプルな箱に入ってきます。

 

あまり華美な装飾をしないのも、業務用の商品を作ってきた会社ならではなんですかね。

 

ヒートケア低温ヘアアイロン
カールとストレートどちらにも使える2WAY仕様です。
ヘアアイロンばかり何本も持ちたくないので、一本で済ませられるのはありがたいですよね。
そんなに安いものでもないし。

 

今までの設定は150℃くらいでやっていました。
そのくらいじゃないと時間が掛かるし、すぐに解けてきちゃうので…
でも、これってすごく髪に悪いらしいですね。

 

ヒートケア低温ヘアアイロン
ヒートケア低温ヘアアイロンで推奨は80℃とされていたので、
とりあえず80℃でやってみました。

 

一回巻きつけて保持する時間は5秒程度。
これ以上はダメと美容師さんに言われていたので、そのくらいで。。

 

で、150℃でやっていたときと同じくらい、しっかり巻けるんですね!

 

これはオドロキです。

 

熱対流プレートと遠赤外線セラミックスってそんなに凄いんでしょうか…
今までの設定温度はどれだけ熱をロスしてたんですかね…?

 

しかも、時間がたっても全然ほぐれないです。

 

すぐに髪を触っても熱くないし、これなら毎日使っても大丈夫な気がします♪

 

ヒートケア低温ヘアアイロン
最低で40℃にまで設定できます!
ただ、私の髪は40℃ではどうにもなりませんでした…(笑)

 

ちなみに、設定温度のメモリー機能もあるので、
電源を入れたらすぐに使いたい温度になっているのが地味に便利。

 

もちろん、スタイルによってそこから温度を調整する事も出来るし、
細かいところにも手が届く製品だなと思いました。

 

くせっ毛が強い友達にも貸してあげたんですが、
「いつも180℃でやっているストレートが、100℃で出来た」と言っていました。

 

ヒートケア低温ヘアアイロン

これは、「ただの低温ヘアアイロン」ではなくて、

 

「今までの高温ヘアアイロンと同じ効果を持つ低温ヘアアイロン」と言えそうです!

 

つかってみて、すごくお気に入りになりました♪

 

買えるのは公式サイトのみらしいんですが、
今なら10,000円も割引になるので、見逃さないでくださいね♪

 

ヒートケア低温ヘアアイロンは楽天やアマゾンでは買えない

ヒートケア低温ヘアアイロン

ヒートケア低温ヘアアイロン

ヒートケア低温ヘアアイロンは楽天やAmazonなどの大手通販サイトでは取扱いが無いようです。
ちなみに、ヤフーショッピングでも販売していませんでした。
いつも使っている通販サイトで購入できれば、面倒な入力もないし、ポイントも貯まるし便利なんですけどね。

 

ヒートケア低温ヘアアイロンは家電量販店でも売ってません

ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機などの家電量販店でもヒートケア低温ヘアアイロンは売ってません。
近くの店舗で買えれば、実物も見られるし安心なんですけどね。
他のヘアアイロンならいくらでも売っていますが、やはり公式サイトでの直販に特化することでコストを抑えているようですね。

 

ヒートケア低温ヘアアイロンの10,000円OFFキャンペーン中

ヒートケア低温ヘアアイロンは、公式サイトでの直販のみとなっており、
定価は24,800円です。
う〜む、なかなかの値段ですね。

 

ただし、今ならアンケートに答えるだけで5,000円割引のキャンペーン中です!
5分ほどの、本当に簡単なアンケート(朝のスタイリングにかける時間とか、好きなスタイルとか)
それだけで5000円も得するので、これは絶対に利用しないと損です。

 

加えて、予約割引でも5,000円引きになります。
ヒートケア低温ヘアアイロンは、今大人気で生産が追いついていないらしく、
購入予約をすることで、予約割引が受けられます。

 

どちらにしても予約しなければ買えないのだから、これも絶対に利用しましょう。

 

アンケート割引ト予約割引で合わせて10,000円も安くなるので、
実質14,800円!
これなら、2WAYヘアアイロンとしては安い方ともいえますよね。

 

ちなみに、予約が1,000件を超えると一旦受付停止するらしいので、
気になっていた方は、早めに予約したほうが良いですよ♪